住宅ローンの返済について

住宅ローンの返済は賢く行わなければ損をすることがあります。家を購入するときにたいていの人はローンを組むことになります。住宅ローンをいい加減に決めてはいけません。自分に合った商品を選び、計画的に返済するのが重要なのです。住宅ローンを検討する際には自分の生活や性格を見直し、その傾向を検討に反映させて選びましょう。若いうちに返済の多くを終わらせるために、低い金利を利用したいと考えるような人もいるのではないでしょうか。金利が低い住宅ローンを組みたい人におすすめなのが、変動金利の住宅ローンです。将来、金利は上がることは十分に予測されますが、中国などの新興国のように急激に金利が上がることは、まず無いでしょう。変動金利を極端に恐れる必要はありません。住宅ローンの頭金は2割というのも、バブルの頃の常識です。最近であれば、ローンで借金する金額が多くなっても毎月の返済額はそんなに高くなりません。バブル期に比べて金利が半分以下になっているためです。ローンのためにお金を貯めているうちに金利が上がって借りにくくなってしまっては本末転倒です。今からローンの頭金を貯めるのであれば、逆に今すぐローンを組んでしまって返済をしていった方が安上がりかもしれないのです。金利の低い今は、家が欲しいと思ったら、なるべく早くローンを組んで購入し返済することを考えたほうが良い時代です。もし今買わず10年後に買うと10年間の家賃が加算され、ローン返済が終わる年齢も10年先送りとなってしまいますので、早めに住宅の購入を検討したほうが良いでしょう。

固定金利の住宅ローンを返済する

固定金利の住宅ローンを返済することについてです。家を建てる場合、だいたいの人は住宅ローンを組むことになります。固定金利型の住宅ローンを選ぶ方も多いのではないでしょうか。ローンの返済に関して、金利の動きに一喜一憂したくないのであれば、固定金利の商品で住宅ローンを組むようにすることです。バブル崩壊以来金利は低いままで推移していますが、将来ずっと低いままでいるわけもありません。自分の給料も一緒に上がれば問題ありませんが、毎月の返済額が増えることを心配する人も多いのでは無いでしょうか。固定金利の場合は、金利が高くなる傾向がありますが、月々の支払いを軽減するためにボーナス払いを組み込む方法もあります。住宅ローンの返済で、ボーナス払いの配分を多くしていると、ボーナスが少なかった時に返済ができなくなってしまう可能性も考慮する必要があります。ローンには繰り上げ返済などのやり方もあるので、ボーナスはそこに使う方がいいでしょう。ローンの返済額が大きい場合や、定期的な見直しをするのにあまり気が進まない人や、教育費が必要な場合などは、固定金利型のローンを検討してもいいでしょう。借り入れ年数の長いローン(返済期間30年以上のものなど)の場合などにも向いています。毎月の支払い金額に無理がなく、金利の上昇や状況に惑わされずにローン返済をしたい人には固定金利が良いでしょう。今はまだわからなくても、今後金利が上昇して支払いが困難になる心配のある人は、長期固定金利を選び安全にローン返済をすることを選択しましょう。

住宅ローンが返済不能になったら

住宅ローンを組んで返済しながら家を購入する人が多いようです。返済の途中で住宅ローンの支払いができなくなってしまう人が増えているようです。職を失うなどのアクシデントによって、背伸びして組んでいた住宅ローンが返済できなくなってしまったというような事情があるようです。収入の大黒柱が入院した、共働きによる収入がたたれた、給料が減った、など、返済ができなくなる要因はいくつもあります。突発的な出費に対応できなくなるほど、毎月の返済でいっぱいいっぱいなローンを組んだという場合もあるようです。変動金利型でローンを組んでいて金利が上昇したことで支払いが難しくなることもあるようです。人生は何が起こるか誰にも分からないものです。万が一、住宅ローンが返済できなくなってしまった場合の対処法も知っておいた方が良いといえます。今後の住宅ローンの支払いに不安を感じたら、その時点で借入先に相談に行くことが大切です。マイホームを手放さねばならなくなるようなことのないように、ローン返済を先延ばしにするようなことは避けるべきです。ローンは借金です。遅れれば遅延菌が発生します。にっちもさっちも行かなくなる前に銀行に相談できれば、借り換え策などで返済の見通しが建てられます。早めの相談が吉です。例えば、当初の借り入れ期間が30年のローンを借り入れ後5年で借り換えたとします。この場合、普通であれば借り換え後の返済期間は25年以内になりますが、返済期間を延長できる銀行もあります。返済期間が延びるとその分、利息は増えますが、月々の返済額は減らすことができるでしょう。住宅ローンを組むときは途中で何かあっても返済ができるようにあらかじめ様々なリスクを想定して、最適な住宅ローンを選択することが重要です。